• SPORTS CROWD ロゴ
  • - アスリートの練習法や、日々のトレーニング、栄養・医療など専門家の知識を集めた、スポーツの新しい楽しみ方を提供する 【スポーツ横断型WEBメディア】 -

  • スポーツクラウド【スポーツ横断型WEBメディア】
  1. HOME
  2. トレーニング
  3. 陸上競技

ジョナサン・エドワーズに学ぶ!三段跳“水きりジャンプ”の極意③

  • 投稿者:たけぞうトリプルジャンパー

<スポーツクラウド直営>走りのプライベート指導はコチラ

ジョナサン・エドワーズに学ぶ!三段跳“水きりジャンプ”の極意③

前回は、脚さばきと踏み切り角度について技術的ポイントをお伝えしました。
今回は、シリーズ最後の記事となる③腕の使い方について解説していきます!

三段跳では、三回の跳躍時にアームアクション(跳躍にあわせた腕の振り込み)を行いますが、これらを行う目的って一体何なのでしょうか?

私が思うに、下記の2つが挙げられます。

・バランスをとるため
(=減速や上下運動などのロスをなくす)

・腕の力を使い、跳躍時のパワーをアップさせるため
(=地面に力を加える&その後身体を浮きあがらせる)

これら目的を理解した上で、しっかりと跳躍に繋がるようなアームアクションをマスターしていきましょう!

三段跳のアームアクションには、ダブルアーム、シングルアーム、シングル・ダブル・ダブルアーム等がありますが、今回は全てのアームアクションに共通する技術的ポイントをお伝えしていきます。

全てのアームアクションで最も重要な技術的ポイントは、“タイミング”です。
いくら力強く腕を振り込んでもタイミングがずれてしまっては、バランスを崩しかえってブレーキになってしまう等、跳躍に良い効果をもたらしません。

そこで、適切なタイミングでアームアクションを行うためのポイントをご紹介します。

1 遅れないこと

まずは遅れないことです。
初心者がアームアクションを始めたときにやりがちなのが、2回目以降のアームアクションのタイミングが遅れてしまい、結果的にブレーキとなってしまうことです。
脚さばきも同じことが言えますが、次の動きを先取りすることが非常に重要です。空中にいるときに、次のアームアクションへの準備をしましょう。

2 頂点で腕をブロック

これは、アームアクションだけでは成り立たないことですが、跳躍時に頂点まで身体が持ち上がったら、腕をブロックして身体が浮き上がっていることを感じましょう。
(ブロック:肘は完全に伸ばさず、瞬間的にグッと拳をにぎるイメージ)

適切なタイミングでブロックをすることで身体の浮き上がりが速くなり、空中での余裕が生まれます。

3 アクセントをつける

腕の振込み(後ろ→前への動き)において、力を入れるポイント(一点)を作りましょう。
接地のタイミングとアームアクションのアクセントのタイミングがほぼ一致することで、より効率的に地面に力を加えることができます。

以上が全てのアームアクション共通の技術的ポイントかと思います。


【練習方法】

・アームアクションをつけて歩行

・〃バウンディング

・〃ホッピング

・短助走→ホップステップジャンプ

・ハードルジャンプ(腕が跳躍にどれほどの影響を与えるか、感覚をえるための練習法と

してお勧め)

※すべてのおいて言えるのは、いきなり大振りをしないことです。
小さな軌道でいいのでしっかりタイミング合わせることをまず意識し、慣れてきたら少しずつ大きなアームアクションにしていきましょう!


全三回にわたり、三段跳をざっくりと解説していきましたがいかがでしたでしょうか?
いざ書いてみると、まだまだ書き足りないです!!
今後は、初心者向けの記事や、ワンランク上の細かい技術的ポイント等も書いていけたらなと思います!

  • 投稿者:たけぞうトリプルジャンパー

【新着】関連記事

この記事を見た人はこんな記事も見てます。

  • スプリントドリル〜スキップ〜

    スプリントドリル〜スキップ〜

    速く走るためには、地面を蹴ることで地面からの反発を受ける...

    2015年04月27日

  • コニカミノルタ流、試合当日術

    コニカミノルタ流、試合当日術

    今回はトレーニングとは少し異なりますが、試合当日のウォー...

    2015年07月23日

  • ラップ選手の練習風景

    ラップ選手の練習風景

     オレゴンプロジェクトの水中トレッドミルや液体窒素アイシ...

    2015年06月12日

  • 【つま先を前に向ける意識は逆効果かも…】トップ選手から学ぶ、

    【つま先を前に向ける意識は逆効果かも…】トップ選手から学ぶ、"内転筋"を使った効率的走り方!

    クリストフ・ルメートル選手(フランス、25歳)を知ってい...

    2017年05月01日

  • 白人最速選手から学ぶ、

    白人最速選手から学ぶ、"内転筋"を使った効率的走法!

    クリストフ・ルメートル選手(フランス、25歳)を知ってい...

    2016年01月18日

  • 【分析してみよう!】人類最速ボルト選手のミニハードルドリル

    【分析してみよう!】人類最速ボルト選手のミニハードルドリル

    今回はウサイン・ボルト選手のスプリントドリルをご紹介しま...

    2017年02月03日

  • トップ選手が行うサーキットトレーニング【アリソンフェリックス選手】

    トップ選手が行うサーキットトレーニング【アリソンフェリックス選手】

    アリソンフェリックスが2011年に行っていたサーキットト...

    2017年11月20日

  • 陸上競技の強豪校「洛南高校」による走りに近づけたBOXジャンプ

    陸上競技の強豪校「洛南高校」による走りに近づけたBOXジャンプ

  • ハンマーウォーク

    ハンマーウォーク

  • アリソンフェリックス 鉄棒トレ

    アリソンフェリックス 鉄棒トレ

  • 反発を利用してより高く!リバウンドジャンプBOX

    反発を利用してより高く!リバウンドジャンプBOX

  • リオへ向けて!ジーターもトレーニングを公開!

    リオへ向けて!ジーターもトレーニングを公開!

  • 20年以上破られない世界記録①

    20年以上破られない世界記録①

  • 【下半身強化】可動域を最大限に活用した「フルランジ」

    【下半身強化】可動域を最大限に活用した「フルランジ」

  • 美女アスリート、市川華菜も順調な仕上がり!?スタートダッシュを覗こう!

    美女アスリート、市川華菜も順調な仕上がり!?スタートダッシュを覗こう!

  • ハンマーウォーク

    ハンマーウォーク

  • フレキ一歩ドリル

    フレキ一歩ドリル

  • 【スピードアップにつながる接地ドリル】坂道や砂浜でも行ってみよう!

    【スピードアップにつながる接地ドリル】坂道や砂浜でも行ってみよう!

  • トップ選手が行うサーキットトレーニング【アリソンフェリックス選手】

    トップ選手が行うサーキットトレーニング【アリソンフェリックス選手】

  • 強豪校のコアトレーニング

    強豪校のコアトレーニング

  • 飯塚翔太が静岡国際で好記録!その秘密を探ろう!

    飯塚翔太が静岡国際で好記録!その秘密を探ろう!

  • 男子三段跳世界記録から学ぶ

    男子三段跳世界記録から学ぶ

  • 【スプリント能力向上】軸&バランス強化におすすめ!「スネーク走」

    【スプリント能力向上】軸&バランス強化におすすめ!「スネーク走」

Category New/カテゴリー新着情報

トレーニング
  • 【たった3分で追い込める!】最強腹筋トレーニングメニュー
    【たった3分で追い込める!】最強腹筋トレーニングメニュー
    「全方向から鍛えられる計6種類の腹筋サーキット...詳細
  • 【1日3分】室内でできる全身トレーニング(中級編)
    【1日3分】室内でできる全身トレーニング(中級編)
    アスリートが考えた3分『全身トレーニング』 ...詳細
  • 【練習メニュー】下り坂でスピードトレーニング(4種)
    【練習メニュー】下り坂でスピードトレーニング(4種)
    自主練や部活で使えるシリーズ第三弾『下り坂』の...詳細
  • 【練習メニュー】上り坂でスピードトレーニング(6種)
    【練習メニュー】上り坂でスピードトレーニング(6種)
    自主練や部活で使えるシリーズ第二弾『上り坂』の...詳細
陸上競技
  • 【練習メニュー】下り坂でスピードトレーニング(4種)
    【練習メニュー】下り坂でスピードトレーニング(4種)
    自主練や部活で使えるシリーズ第三弾『下り坂』の...詳細
  • 【練習メニュー】上り坂でスピードトレーニング(6種)
    【練習メニュー】上り坂でスピードトレーニング(6種)
    自主練や部活で使えるシリーズ第二弾『上り坂』の...詳細
  • 【恐怖を超えた究極のスタート】コールマンから学ぶスタートの極意
    【恐怖を超えた究極のスタート】コールマンから学ぶスタートの極意
    クリスチャン・コールマン(Christian ...詳細
  • 【長距離ランナー必見!】ランナーにオススメのトレーニング集
    【長距離ランナー必見!】ランナーにオススメのトレーニング集
    オレゴンプロジェクト所属のゲーレン・ラップ選手...詳細
ケガ・ストレッチ
  • 下向肘上げ 改善エクササイズ【フィジカルチェック用】
    下向肘上げ 改善エクササイズ【フィジカルチェック用】
    「フィジカルチェック項目:下向肘上げ」の点数が...詳細
  • 下向胸上げ 改善エクササイズ②【ケガ予防フィジカルチェック用】
    下向胸上げ 改善エクササイズ②【ケガ予防フィジカルチェック用】
    「フィジカルチェック項目:下向胸上げ」の点数が...詳細
  • 下向胸上げ 改善エクササイズ①【フィジカルチェック用】
    下向胸上げ 改善エクササイズ①【フィジカルチェック用】
    「フィジカルチェック項目:下向胸上げ」の点数が...詳細
  • 【梅雨の季節の体調管理】アスリートに必要な知識
    【梅雨の季節の体調管理】アスリートに必要な知識
    蒸し暑く過ごしづらい季節がやってきました。そう...詳細
サッカー
  • エムバぺ(フランス代表)はなぜあんなに速いのか!?[陸上コーチによる解説]
    エムバぺ(フランス代表)はなぜあんなに速いのか!?[陸上コーチによる解説]
    先日4年に1度のワールドカップが行われ、日本代...詳細
  • 【W杯でも活躍!】サッカーイングランド代表が行なった〇〇を使ったトレーニング
    【W杯でも活躍!】サッカーイングランド代表が行なった〇〇を使ったトレーニング
    2018年ワールドカップ盛り上がりましたね! ...詳細
  • 【W杯でも大活躍】レアル・マドリードのトレーニング
    【W杯でも大活躍】レアル・マドリードのトレーニング
    欧州チャンピオンズリーグ3連覇、今回のW杯でも...詳細
  • 【世界トップの瞬発力!】メッシ選手のアジリティトレーニング【間も無くW杯開幕!】
    【世界トップの瞬発力!】メッシ選手のアジリティトレーニング【間も無くW杯開幕!】
    5度のバロンドール受賞、5回のチャンピオンズリ...詳細
栄養・食事
  • 【瞬発的エネルギー!】クレアチン摂取タイミングのポイントと注意点
    【瞬発的エネルギー!】クレアチン摂取タイミングのポイントと注意点
    クレアチンはアミノ酸の一種で、筋肉内のエネルギ...詳細
  • 【骨強化に】身長を伸ばす為に必要な栄養素【Jr世代は特に大切!】
    【骨強化に】身長を伸ばす為に必要な栄養素【Jr世代は特に大切!】
    色々な競技の上で、身長が高いということが有利に...詳細
  • 【金メダリストの朝ご飯にも!?】正月によく食べるお餅の栄養&効能
    【金メダリストの朝ご飯にも!?】正月によく食べるお餅の栄養&効能
    お正月はおせち料理やお雑煮など、お餅を食す機会...詳細
  • 【身体の調子を整える】サプリメントアプローチ「ZMA」
    【身体の調子を整える】サプリメントアプローチ「ZMA」
    普段の食事から摂取するのが難しい栄養素がある場...詳細
野球
  • 【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    ドジャースの前田健太投手が行っている「マエケン...詳細
  • 【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    肩を痛める選手と肘を痛める選手の違い 同...詳細
  • 「投げる」動作中、肩の内部では何が起こっているのか?
    「投げる」動作中、肩の内部では何が起こっているのか?
    野球のみならず人間の一般的な動作に含まれる「投...詳細
  • 【ヤクルトスワローズ】秋季キャンプのトレーニング
    【ヤクルトスワローズ】秋季キャンプのトレーニング
    体力向上をメインとした「サーキットトレーニング...詳細
コラム
  • 箱根駅伝の区間賞の10人中7人が履いていたシューズ!!
    箱根駅伝の区間賞の10人中7人が履いていたシューズ!!
    今回も箱根駅伝大盛り上がりでしたね。 そんな選手達の頑張りを支える、あるアイテムがあったんです。 それは「NIKE Zoom Vaporfly 4% Flyknit」というランニングシューズです。...詳細
  • 【歯のケアしてますか?】スポーツパフォーマンスと「虫歯」の関係性
    【歯のケアしてますか?】スポーツパフォーマンスと「虫歯」の関係性
    毎日の歯磨き。皆さんはしっかりケアしていますか? 今回はスポーツパフォーマンスと「虫歯」の関係性をお伝えしたいと思います。 【歯は再生しない!】  スポーツ選手が筋肉痛やケガをした時に、...詳細
  • 【トレーニングに必須の知識!】最大筋力を高める4つの方法
    【トレーニングに必須の知識!】最大筋力を高める4つの方法
    瞬発系の種目を行っている選手には欠かせない最大筋力を高めるトレーニング。 最大筋力の発揮には、フリーウエイトでのトレーニングを組んでいる選手が多いかと思いますが、その中でも皆さんはどのような方法...詳細
  • 【海外大学が証明!】目標達成率が劇的に上がる、3つの事前準備とは②「行動可能性」
    【海外大学が証明!】目標達成率が劇的に上がる、3つの事前準備とは②「行動可能性」
    目標達成率をあげるMACの法則【前回の続き】について書いていきたいと思います。 前回のおさらい:【MACの法則とは何か?】 MACの法則とは、アイントホーヘン大学がメタ分析によって証明した、目...詳細

Category/カテゴリー

Sponsor/スポンサー

COPYRIGHT (C) SPORTS CROWD All Rights Reserved