• SPORTS CROWD ロゴ
  • - アスリートの練習法や、日々のトレーニング、栄養・医療など専門家の知識を集めた、スポーツの新しい楽しみ方を提供する 【スポーツ横断型WEBメディア】 -

  • スポーツクラウド【スポーツ横断型WEBメディア】
  1. HOME
  2. トレーニング
  3. 陸上競技

中・長距離選手へ!レース後の流しでワンランクUP!

  • 投稿者:あば高校コーチ

中・長距離選手へ!レース後の流しでワンランクUP!
【9・29開催】第3回スプリントクリニック募集開始!

中・長距離選手へ!レース後の流しでワンランクUP!

陸上競技は大会シーズン真っ盛り!
部活動やクラブチーム、あるいは個人で参加されている方はたくさんいらっしゃると思います。

そんな中で、中長距離の選手が試合を終えてから数本流しをしているのを目にします。

試合前の流しは筋肉や心臓に刺激を与えることで、試合でも効率よく動くようにするためですが、試合後は何のためなんだろう…?

特に意味は知らず、なんとなく行っていませんか?
試合後に流しをやるかやらないかで、その後の成長に違いが出てきます。

今回は試合後の流しの効果についてお話していきます!

◎疲れた状態で流しを行うことでリラックスしたフォームを得られる
疲れると、無駄に体力を消耗しないように自然と必要なところだけに力を使うようなフォームになっています。

身体がリラックスした感覚を感じながら流し、普段から活かせるようにしましょう!また、リラックスしつつも姿勢は正しく保つことを忘れずに。

◎次の試合で疲れている中でもスピードを出す・維持することができるようになってくる
試合で疲れているところから流すので、疲れた状態からスピードを出すことへの切り替えに身体が慣れてきます!

◎疲労回復効果も!
身体に刺激を与えることで、血の巡りが活発になりジョギングなどのクールダウンでは抜けない疲労を抜く効果があります!

以上、試合が終わってからの流しにはこのような効果があるんです!先の成長のことを考えると重要ですね。

試合後の疲労もあるので、50~60m程度の流しを3本ほど行うようにしましょう。

ちょっとしたことかもしれませんが、少しずつ積み重ねていくことが大切です。ぜひ試してみてください!

ただ、あまりにも疲れた状態で無理に行うと怪我に繋がる可能性があるので加減するということもお忘れなく!

  • 投稿者:あば高校コーチ

【新着】関連記事

この記事を見た人はこんな記事も見てます。

  • ヨハン・ブレイク   150m

    ヨハン・ブレイク 150m

    今までボルト選手、パウエル選手とジャマイカの2名を紹介し...

    2015年04月10日

  • 20年以上破られない世界記録①

    20年以上破られない世界記録①

    陸上競技には20年以上破られていない世界記録がいくつも存...

    2015年06月03日

  • 体を思った通りに動かそう!ラダー開閉ジャンプ

    体を思った通りに動かそう!ラダー開閉ジャンプ

    ウォーミングアップなどに利用されるラダーの中で、開閉ジャ...

    2016年04月15日

  • クロスカントリー走の効果

    クロスカントリー走の効果

    クロスカントリー走というトレーニング方法をご存じでしょう...

    2015年10月20日

  • 山縣亮太に密着!リオ五輪を前に山縣選手を知る!

    山縣亮太に密着!リオ五輪を前に山縣選手を知る!

    先日行われた第100回日本選手権男子100m決勝において...

    2016年08月11日

  • 【洛南高校のスピードトレーニング②】スタートダッシュを向上させる立幅ダッシュ

    【洛南高校のスピードトレーニング②】スタートダッシュを向上させる立幅ダッシュ

    インターハイ2016年・2015年 総合優勝。 先日の...

    2017年02月22日

  • 走高跳選手のスクワットジャンプ

    走高跳選手のスクワットジャンプ

    陸上競技、走り高跳びにおいて2m10センチ以上の記録を持...

    2015年10月19日

  • 【走りにつながる腹筋を】 トップアスリートが行う、プレート腹筋

    【走りにつながる腹筋を】 トップアスリートが行う、プレート腹筋

  • 速く走る為のフォーム 基本編

    速く走る為のフォーム 基本編

  • ガトリンも使用!ソフトボールで身体をほぐしてみよう!

    ガトリンも使用!ソフトボールで身体をほぐしてみよう!

  • トップ選手から学ぶランジトレーニング3種【腸腰筋・臀部を強化!】

    トップ選手から学ぶランジトレーニング3種【腸腰筋・臀部を強化!】

  • 【走順で差をつける!】 リオ五輪リレー銀メダルに見る、走順の考え方

    【走順で差をつける!】 リオ五輪リレー銀メダルに見る、走順の考え方

  • 【短距離選手向け】下り坂のトレーニングのポイントと効果

    【短距離選手向け】下り坂のトレーニングのポイントと効果

  • 足が速くなる!縄跳びが及ぼす効果とは!?

    足が速くなる!縄跳びが及ぼす効果とは!?

  • メディシンでもも上げトレ

    メディシンでもも上げトレ

  • 冬季トレーニング〜ハードル補強編〜

    冬季トレーニング〜ハードル補強編〜

  • 中・長距離選手へ!レース後の流しでワンランクUP!

    中・長距離選手へ!レース後の流しでワンランクUP!

  • 世界の走りを見て学ぶ!トップスプリンターの100m

    世界の走りを見て学ぶ!トップスプリンターの100m

  • 砲丸投げ選手は必見!メディシンボールエクササイズ

    砲丸投げ選手は必見!メディシンボールエクササイズ

  • 動画で振り返る”なんば走法”

    動画で振り返る”なんば走法”

  • リオへ向けて!ジーターもトレーニングを公開!

    リオへ向けて!ジーターもトレーニングを公開!

  • 恐るべきパワー!パウエル選手のハイクリーン&フロントスクワット

    恐るべきパワー!パウエル選手のハイクリーン&フロントスクワット

  • 桐生のウエイトトレーニング①

    桐生のウエイトトレーニング①

Category New/カテゴリー新着情報

トレーニング
  • 【コックヒップリフト】股間節がスムーズに動くようになるエクササイズ
    【コックヒップリフト】股間節がスムーズに動くようになるエクササイズ
    今回は股関節屈筋群の連動性を高め、臀部周辺の筋...詳細
  • 【プロ野球選手も愛用】横浜ベイスターズが行うリズムトレーニングとは!?
    【プロ野球選手も愛用】横浜ベイスターズが行うリズムトレーニングとは!?
    以前、大阪桐蔭高校は、各自でウォーミングアップ...詳細
  • 【股関節の可動域向上】太ももを高く引き上げるダイナミックストレッチ「レッグクレイドル」
    【股関節の可動域向上】太ももを高く引き上げるダイナミックストレッチ「レッグクレイドル」
    今回は股関節の動きを引き出し、太ももを高く上げ...詳細
  • 【体作りにオススメ!】瞬発向上サーキットトレーニング
    【体作りにオススメ!】瞬発向上サーキットトレーニング
    これからの季節におススメのトレーニング、「サー...詳細
陸上競技
  • 【トップ選手から学ぶ】~走りの基礎を見直そう~飯塚翔太選手
    【トップ選手から学ぶ】~走りの基礎を見直そう~飯塚翔太選手
    飯塚翔太選手は、リオデジャネイロオリンピック4...詳細
  • 【強豪校はここが違う!】中京大中京高校が行うハードルを使ったトレーニング
    【強豪校はここが違う!】中京大中京高校が行うハードルを使ったトレーニング
    今年の全国高校総体(陸上競技)で、女子総合優勝...詳細
  • 【オリンピック選手はここが違った】速く走るために行う体幹の軸作り
    【オリンピック選手はここが違った】速く走るために行う体幹の軸作り
    野澤啓佑選手は、ミズノトラッククラブに所属し4...詳細
  • 【洛南高校が行うボックスジャンプ】U20世界陸上100m8位の身体の使い方
    【洛南高校が行うボックスジャンプ】U20世界陸上100m8位の身体の使い方
    今回、陸上競技の強豪校として有名な洛南高校が行...詳細
ケガ・ストレッチ
  • 【その痛みこれが原因かも?】膝の痛みを減らすお皿エクササイズ
    【その痛みこれが原因かも?】膝の痛みを減らすお皿エクササイズ
    ランナーの方やそうでない方も膝の痛みを抱える方...詳細
  • カチカチになっていませんか?【ふくらはぎのセルフマッサージ】
    カチカチになっていませんか?【ふくらはぎのセルフマッサージ】
    ふくらはぎのセルフマッサージを紹介します! ...詳細
  • 【体幹部周辺の柔軟性向上】背中&腹部をストレッチする!「サイドリーチアップ」
    【体幹部周辺の柔軟性向上】背中&腹部をストレッチする!「サイドリーチアップ」
    今回は広背筋・腹斜筋をストレッチするエクササイ...詳細
  • 【可動域&柔軟性の向上】胸周りと股関節周辺のダイナミックストレッチ
    【可動域&柔軟性の向上】胸周りと股関節周辺のダイナミックストレッチ
    股関節周辺と胸周りの柔軟性・可動域はパフォーマ...詳細
サッカー
  • エムバぺ(フランス代表)はなぜあんなに速いのか!?[陸上コーチによる解説]
    エムバぺ(フランス代表)はなぜあんなに速いのか!?[陸上コーチによる解説]
    先日4年に1度のワールドカップが行われ、日本代...詳細
  • 【W杯でも活躍!】サッカーイングランド代表が行なった〇〇を使ったトレーニング
    【W杯でも活躍!】サッカーイングランド代表が行なった〇〇を使ったトレーニング
    2018年ワールドカップ盛り上がりましたね! ...詳細
  • 【W杯でも大活躍】レアル・マドリードのトレーニング
    【W杯でも大活躍】レアル・マドリードのトレーニング
    欧州チャンピオンズリーグ3連覇、今回のW杯でも...詳細
  • 【世界トップの瞬発力!】メッシ選手のアジリティトレーニング【間も無くW杯開幕!】
    【世界トップの瞬発力!】メッシ選手のアジリティトレーニング【間も無くW杯開幕!】
    5度のバロンドール受賞、5回のチャンピオンズリ...詳細
栄養・食事
  • 【抗酸化作用で疲労回復にもおすすめ】これからが旬のシャケを食べよう!
    【抗酸化作用で疲労回復にもおすすめ】これからが旬のシャケを食べよう!
    朝ご飯のおかずとして出てきたり、昼食のお弁当に...詳細
  • 【夏の疲労回復におすすめ!】とうもろこしを食べることによる栄養効果について
    【夏の疲労回復におすすめ!】とうもろこしを食べることによる栄養効果について
    夏を感じさせる食材にとうもろこしがありますよね...詳細
  • 栄養面から怪我にアプローチ!【疲労骨折の予防&対策に!】
    栄養面から怪我にアプローチ!【疲労骨折の予防&対策に!】
    今回は栄養面から怪我に対するアプローチする方法...詳細
  • 【運動時の集中力を高めたい方へ】分岐鎖アミノ酸(BCAA)の期待できる効果について②
    【運動時の集中力を高めたい方へ】分岐鎖アミノ酸(BCAA)の期待できる効果について②
    日頃からの疲労などが影響してパワー発揮がしにく...詳細
野球
  • 【プロ野球選手も愛用】横浜ベイスターズが行うリズムトレーニングとは!?
    【プロ野球選手も愛用】横浜ベイスターズが行うリズムトレーニングとは!?
    以前、大阪桐蔭高校は、各自でウォーミングアップ...詳細
  • 【強豪校はここが違う!】大阪桐蔭高校が行うウォーミングアップから学ぶ
    【強豪校はここが違う!】大阪桐蔭高校が行うウォーミングアップから学ぶ
    福井国体で優勝した大阪桐蔭高校!春夏秋と3冠を...詳細
  • 【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    ドジャースの前田健太投手が行っている「マエケン...詳細
  • 【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    肩を痛める選手と肘を痛める選手の違い 同...詳細
コラム
  • 【海外大学が証明!】目標達成率が劇的に上がる、3つの事前準備とは①
    【海外大学が証明!】目標達成率が劇的に上がる、3つの事前準備とは①
    10月も後半に差し掛かり、今シーズンが終わってひと段落、、、 ちょっとゆとりが持てる今だからこそ、「今シーズンの振り返りをすることや、来シーズンに向けて準備をすること」をじっくりと考えていきたい...詳細
  • 【下腿の痛みを知る】ランナー必見!「下腿疲労骨折の評価」
    【下腿の痛みを知る】ランナー必見!「下腿疲労骨折の評価」
    足を痛めてしまう要因としては、 ・シューズが合わない(シューズを買えたばかり) ・サーフェイス(地面)が不安定 ・練習量の増加  ・身体柔軟性の低下 ・マルアライメント 以上の要因など...詳細
  • 【100m10秒07】江里口匡史選手が引退【競技人生の引退と新たなスタート】
    【100m10秒07】江里口匡史選手が引退【競技人生の引退と新たなスタート】
    本日(2018/9/23)、第66回 全日本実業団対抗陸上競技選手権大会行われている中、江里口匡史選手の引退セレモニーが行われました。 江里口選手は、日本選手権男子100mを4連覇し、2009年ベル...詳細
  • 「スポーツ心臓」のメリットとデメリット【激しい練習を行うアスリートに】
    「スポーツ心臓」のメリットとデメリット【激しい練習を行うアスリートに】
    『スポーツ心臓』という言葉をご存じでしょうか。アスリートならば一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。 スポーツ心臓は、スポーツ選手に見られる症状で心臓が激しい運動に適応して肥大した状態の...詳細

Category/カテゴリー

Sponsor/スポンサー

COPYRIGHT (C) SPORTS CROWD All Rights Reserved