• SPORTS CROWD ロゴ
  • - アスリートの練習法や、日々のトレーニング、栄養・医療など専門家の知識を集めた、スポーツの新しい楽しみ方を提供する 【スポーツ横断型WEBメディア】 -

  • スポーツクラウド【スポーツ横断型WEBメディア】
  1. HOME
  2. トレーニング
  3. 陸上競技

カーリン・アイルズから学ぶ!速く走る動かし方!

  • 投稿者:陸女おっかけ

<スポーツクラウド直営>走りのプライベート指導はコチラ

カーリン・アイルズから学ぶ!速く走る動かし方!

スポーツクラウドで1度紹介されたことのある、「元陸上選手がラグビー選手になったら...(http://sports-crowd.net/detail.php?no=2213)」という記事をご存知でしょうか。

その元陸上競技選手であるカーリン・アイルズ選手ですが、彼の100mの自己記録はなんと10秒13。2015年の日本選手権男子100mの優勝記録は高瀬慧選手の10秒28なので、比較しても速いことは一目瞭然ですよね。そんな彼が行うドリルとはどのようなものか見ていきましょう。


まず一番最初に目に入ってしまう部分は膝につけているものですよね。おそらくこれは両膝の間にチューブがあり、このチューブの負荷がありながらも可動性を高めるためのドリルをするものです。また、チューブの抵抗があるために足がすぐ正常の状態に戻ろうとします。この戻ろうとするスピードを利用することで、足を素早く動かす役を担っていると思われます。では、動きづくりを見ていきましょう。

1.まずひとつめは膝を素早く斜め上に引き上げ、身体の真下(真下よりやや後ろ)に戻すというものです。チューブの反動もあり、足を大きく可動させていますが、戻るスピードも速いです。この速さが足の回転速度をあげるきっかけ作りになっていくと思います。また真下かやや後ろに足を戻すことで、勝手に身体が斜め前に倒れていく傾斜が出来るので、前への推進力に変わっていきます。なお、足を後ろに着いたままでは意味がありません。真下かやや後ろに着いた足を前へ素早く引き上げることで初めて前へ進む推進力へと変換させられるので、この点をはき違えないようにしましょう。

2.同じ足を2回上下に動かす膝の引き上げ運動です。こちらも1番と同じような効果が得られますが、2回動かすことによってより足の軌道の意識が持てます。またスピードも高めることが出来ますよ、

3.膝を伸ばして足を前でさばく運動です。股関節から動かしていくことで足全体で動くという意識付けを身体にしみ込ませることが出来ます。また、この運動をすることで足の裏の接地面を注意することが出来ます。つま先接地の選手は素早くこの動きをすることが出来ません、母子球で地面を捉えることで前へ進むことが出来ます。

4.股関節から足をあげ、前・横に動かしていきましょう。股関節を大きく動かすドリルになります。この動きをすることで股関節の可動性を高め、走りをダイナミックにする効果があります。

5.サイドジャンプです。これはラグビーならではの動きかなと思います。また、大腿四頭筋を鍛えることも出来るので、スタートの力強さをつけたいときにはいい練習になるでしょう。

6.臀筋に刺激を送るドリルです。チューブの負荷で臀筋への可動性を高めていきます。また、前足を接地するときに素早く横へ重心移動させることで身体の使い方という面で効果があります。

7.スプリットジャンプです。チューブの負荷がありながらも股関節をここまで大きく広げられることはさすがの一言です。このトレーニングを股関節の可動性を高める効果があることはもちろんですが、両足を素早く動かす、切り返すという意味でも効果があります。空中での軸もブレことで走っている最中のブレも少なくなるので意識したい点ですね。

8.股関節と骨盤のひねりです。素早くひねりを加えることで、股関節の可動性を大きく、速くすることが出来ます。100m日本記録保持者の伊東浩司氏も股関節を動かす重要性を日本記録を樹立した当時にコメントしていました。


以上、8つのドリルを私なりに解説してみました。
どの動きも速く走るためには効果的なドリルなのではないかなと思います。
股関節を柔軟に、大きく、速く動かすことで速く走れるようになっていくと思いますので、なにかの参考にしてください!

この映像は「Instant Speed」様の作品です

  • 投稿者:陸女おっかけ

【新着】関連記事

この記事を見た人はこんな記事も見てます。

  • ヨハン・ブレイク   150m

    ヨハン・ブレイク 150m

    今までボルト選手、パウエル選手とジャマイカの2名を紹介し...

    2015年04月10日

  • ウォーミングアップにオススメ!【変形ダッシュ8種目】

    ウォーミングアップにオススメ!【変形ダッシュ8種目】

    日に日に寒くなっていく今の季節。 ウォーミングアップの...

    2017年12月12日

  • 2011年、福島千里SD

    2011年、福島千里SD

    こんばんは、今日は女子200mの予選と男子200mの準決...

    2016年01月28日

  • 【洛南高校のスピードトレーニング】鉛直方向へのバウンディングと意識したいこと

    【洛南高校のスピードトレーニング】鉛直方向へのバウンディングと意識したいこと

    インターハイ2016年・2015年 総合優勝。 先日の...

    2016年12月06日

  • 山縣選手 コーナーSD解説

    山縣選手 コーナーSD解説

    2013年関東インカレ200m決勝前の、山縣選手のコーナ...

    2015年04月19日

  • アリソンフェリックス 鉄棒トレ

    アリソンフェリックス 鉄棒トレ

    オリンピックで金メダル8個獲得しているアリソン・フェリッ...

    2015年04月01日

  • 福島千里 スタートダッシュ練習

    福島千里 スタートダッシュ練習

    【筆者】 窪田 望都 100m 10秒46 2...

    2015年04月06日

  • 世界陸上直前!パウエルの練習

    世界陸上直前!パウエルの練習

  • 普段のウォーキングにも使える!「競歩の基礎」2 ~腕ふりとねじれの技術~

    普段のウォーキングにも使える!「競歩の基礎」2 ~腕ふりとねじれの技術~

  • デカイ走りを目指そう!ハードルで股関節の可動域向上&強化

    デカイ走りを目指そう!ハードルで股関節の可動域向上&強化

  • リオへ向けて!ジーターもトレーニングを公開!

    リオへ向けて!ジーターもトレーニングを公開!

  • 跳躍選手に筋力トレーニング「クリーン」が必要な訳

    跳躍選手に筋力トレーニング「クリーン」が必要な訳

  • 最大スピードを向上させる!【ハードルを使った加速ドリル】

    最大スピードを向上させる!【ハードルを使った加速ドリル】

  • 強豪校のコアトレーニング

    強豪校のコアトレーニング

  • 4継 2つのバトンパス方法

    4継 2つのバトンパス方法

  • コントロールテスト〜立ち五段跳び〜

    コントロールテスト〜立ち五段跳び〜

  • 腸腰筋強化+最短軌道の習得トレ

    腸腰筋強化+最短軌道の習得トレ

  • 強豪チーム「富士通」も実践!ダイナマックスでサイドランジウォーク

    強豪チーム「富士通」も実践!ダイナマックスでサイドランジウォーク

  • 200m世界10傑

    200m世界10傑

  • 地面反力と重心移動がカギ!ホッピングを改めて見直そう

    地面反力と重心移動がカギ!ホッピングを改めて見直そう

  • ジョナサン・エドワーズに学ぶ!三段跳“水きりジャンプ”の極意③

    ジョナサン・エドワーズに学ぶ!三段跳“水きりジャンプ”の極意③

  • 【最大スピードを高めるための練習】加速走の方法とポイント

    【最大スピードを高めるための練習】加速走の方法とポイント

  • メディシンスタートダッシュ

    メディシンスタートダッシュ

Category New/カテゴリー新着情報

トレーニング
  • 【たった3分で追い込める!】最強腹筋トレーニングメニュー
    【たった3分で追い込める!】最強腹筋トレーニングメニュー
    「全方向から鍛えられる計6種類の腹筋サーキット...詳細
  • 【1日3分】室内でできる全身トレーニング(中級編)
    【1日3分】室内でできる全身トレーニング(中級編)
    アスリートが考えた3分『全身トレーニング』 ...詳細
  • 【練習メニュー】下り坂でスピードトレーニング(4種)
    【練習メニュー】下り坂でスピードトレーニング(4種)
    自主練や部活で使えるシリーズ第三弾『下り坂』の...詳細
  • 【練習メニュー】上り坂でスピードトレーニング(6種)
    【練習メニュー】上り坂でスピードトレーニング(6種)
    自主練や部活で使えるシリーズ第二弾『上り坂』の...詳細
陸上競技
  • 【練習メニュー】下り坂でスピードトレーニング(4種)
    【練習メニュー】下り坂でスピードトレーニング(4種)
    自主練や部活で使えるシリーズ第三弾『下り坂』の...詳細
  • 【練習メニュー】上り坂でスピードトレーニング(6種)
    【練習メニュー】上り坂でスピードトレーニング(6種)
    自主練や部活で使えるシリーズ第二弾『上り坂』の...詳細
  • 【恐怖を超えた究極のスタート】コールマンから学ぶスタートの極意
    【恐怖を超えた究極のスタート】コールマンから学ぶスタートの極意
    クリスチャン・コールマン(Christian ...詳細
  • 【長距離ランナー必見!】ランナーにオススメのトレーニング集
    【長距離ランナー必見!】ランナーにオススメのトレーニング集
    オレゴンプロジェクト所属のゲーレン・ラップ選手...詳細
ケガ・ストレッチ
  • 下向肘上げ 改善エクササイズ【フィジカルチェック用】
    下向肘上げ 改善エクササイズ【フィジカルチェック用】
    「フィジカルチェック項目:下向肘上げ」の点数が...詳細
  • 下向胸上げ 改善エクササイズ②【ケガ予防フィジカルチェック用】
    下向胸上げ 改善エクササイズ②【ケガ予防フィジカルチェック用】
    「フィジカルチェック項目:下向胸上げ」の点数が...詳細
  • 下向胸上げ 改善エクササイズ①【フィジカルチェック用】
    下向胸上げ 改善エクササイズ①【フィジカルチェック用】
    「フィジカルチェック項目:下向胸上げ」の点数が...詳細
  • 【梅雨の季節の体調管理】アスリートに必要な知識
    【梅雨の季節の体調管理】アスリートに必要な知識
    蒸し暑く過ごしづらい季節がやってきました。そう...詳細
サッカー
  • エムバぺ(フランス代表)はなぜあんなに速いのか!?[陸上コーチによる解説]
    エムバぺ(フランス代表)はなぜあんなに速いのか!?[陸上コーチによる解説]
    先日4年に1度のワールドカップが行われ、日本代...詳細
  • 【W杯でも活躍!】サッカーイングランド代表が行なった〇〇を使ったトレーニング
    【W杯でも活躍!】サッカーイングランド代表が行なった〇〇を使ったトレーニング
    2018年ワールドカップ盛り上がりましたね! ...詳細
  • 【W杯でも大活躍】レアル・マドリードのトレーニング
    【W杯でも大活躍】レアル・マドリードのトレーニング
    欧州チャンピオンズリーグ3連覇、今回のW杯でも...詳細
  • 【世界トップの瞬発力!】メッシ選手のアジリティトレーニング【間も無くW杯開幕!】
    【世界トップの瞬発力!】メッシ選手のアジリティトレーニング【間も無くW杯開幕!】
    5度のバロンドール受賞、5回のチャンピオンズリ...詳細
栄養・食事
  • 【瞬発的エネルギー!】クレアチン摂取タイミングのポイントと注意点
    【瞬発的エネルギー!】クレアチン摂取タイミングのポイントと注意点
    クレアチンはアミノ酸の一種で、筋肉内のエネルギ...詳細
  • 【骨強化に】身長を伸ばす為に必要な栄養素【Jr世代は特に大切!】
    【骨強化に】身長を伸ばす為に必要な栄養素【Jr世代は特に大切!】
    色々な競技の上で、身長が高いということが有利に...詳細
  • 【金メダリストの朝ご飯にも!?】正月によく食べるお餅の栄養&効能
    【金メダリストの朝ご飯にも!?】正月によく食べるお餅の栄養&効能
    お正月はおせち料理やお雑煮など、お餅を食す機会...詳細
  • 【身体の調子を整える】サプリメントアプローチ「ZMA」
    【身体の調子を整える】サプリメントアプローチ「ZMA」
    普段の食事から摂取するのが難しい栄養素がある場...詳細
野球
  • 【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    ドジャースの前田健太投手が行っている「マエケン...詳細
  • 【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    肩を痛める選手と肘を痛める選手の違い 同...詳細
  • 「投げる」動作中、肩の内部では何が起こっているのか?
    「投げる」動作中、肩の内部では何が起こっているのか?
    野球のみならず人間の一般的な動作に含まれる「投...詳細
  • 【ヤクルトスワローズ】秋季キャンプのトレーニング
    【ヤクルトスワローズ】秋季キャンプのトレーニング
    体力向上をメインとした「サーキットトレーニング...詳細
コラム
  • 箱根駅伝の区間賞の10人中7人が履いていたシューズ!!
    箱根駅伝の区間賞の10人中7人が履いていたシューズ!!
    今回も箱根駅伝大盛り上がりでしたね。 そんな選手達の頑張りを支える、あるアイテムがあったんです。 それは「NIKE Zoom Vaporfly 4% Flyknit」というランニングシューズです。...詳細
  • 【歯のケアしてますか?】スポーツパフォーマンスと「虫歯」の関係性
    【歯のケアしてますか?】スポーツパフォーマンスと「虫歯」の関係性
    毎日の歯磨き。皆さんはしっかりケアしていますか? 今回はスポーツパフォーマンスと「虫歯」の関係性をお伝えしたいと思います。 【歯は再生しない!】  スポーツ選手が筋肉痛やケガをした時に、...詳細
  • 【トレーニングに必須の知識!】最大筋力を高める4つの方法
    【トレーニングに必須の知識!】最大筋力を高める4つの方法
    瞬発系の種目を行っている選手には欠かせない最大筋力を高めるトレーニング。 最大筋力の発揮には、フリーウエイトでのトレーニングを組んでいる選手が多いかと思いますが、その中でも皆さんはどのような方法...詳細
  • 【海外大学が証明!】目標達成率が劇的に上がる、3つの事前準備とは②「行動可能性」
    【海外大学が証明!】目標達成率が劇的に上がる、3つの事前準備とは②「行動可能性」
    目標達成率をあげるMACの法則【前回の続き】について書いていきたいと思います。 前回のおさらい:【MACの法則とは何か?】 MACの法則とは、アイントホーヘン大学がメタ分析によって証明した、目...詳細

Category/カテゴリー

Sponsor/スポンサー

COPYRIGHT (C) SPORTS CROWD All Rights Reserved