• SPORTS CROWD ロゴ
  • - アスリートの練習法や、日々のトレーニング、栄養・医療など専門家の知識を集めた、スポーツの新しい楽しみ方を提供する 【スポーツ横断型WEBメディア】 -

  • スポーツクラウド【スポーツ横断型WEBメディア】
  1. HOME
  2. トレーニング
  3. その他

シーズンに差をつけろ!! 高所トレーニングの効果について

  • 投稿者:河内義紀スポーツトレーナー

シーズンに差をつけろ!! 高所トレーニングの効果について
<スポーツクラウド直営>走りのプライベート指導はコチラ

シーズンに差をつけろ!! 高所トレーニングの効果について

多くの選手が大会や記録向上に向けて練習に励んでいると思います。
この時期、合宿などで高所にいってトレーニングをする部活や選手を見かけますが、なぜ高所なのでしょうか?
そもそも高所トレーニングって何?
目的と効果について説明していきます。

【高所トレーニングとは】
平地に比べて、酸素の少ない高所でトレーニングを行うことで、酸素運搬能力を高めて、全身持久力強化を目的とするトレーニング方法です。
このトレーニングは、オリンピック選手を始め、多くのスポーツ選手が行っています。

【目的】
低酸素状態・低圧状態を作る事です。

【効果】
①赤血球やヘモグロビンが増加する・・血液中の赤血球に含まれるヘモグロビンは酸素を筋肉へ運搬する役割を担っていますが、高所にいることによって、赤血球とヘモグロビンが増加して、筋肉へより多くの酸素を運搬できるようになります。

②筋の酸化能力が向上する・・筋まで運搬されてきた酸素を筋の中へ取り入れて運動に必要なエネルギーを生成しやすくなります。

③最大酸素摂取量が増加する・・①~②などの効果を含め、体内に多くの酸素を摂取できるようになります。
1分間に体内に摂取できる最高の酸素量を最大酸素摂取量といいます。この値が大きいほどマラソン選手や水泳選手必要な持久力が優れていると考えられます。

④筋肉の収縮力低下がおきにくくなる・・長い時間運動すると、筋肉の収縮力の低下によりパフォーマンスが下がります。
高所トレーニングによって、同じスピードで長時間走っても筋肉の収縮力低下が起こりにくくなります。

以上の効果は、高所トレーニングを適正に行うことによって得ることができます。
高所の目安は、標高1800mから3000m程度が一般的です。

これまでは“平地に滞在し高所でトレーニングをする方法”が行われてきましたが、
最近では“高所に滞在し平地でトレーニングする方法”に注目が集まってきています。

これについては次回以降で詳しく解説したいと思います。

  • 投稿者:河内義紀スポーツトレーナー

【新着】関連記事

この記事を見た人はこんな記事も見てます。

  • 【パフォーマンスアップ】肩甲骨可動域を広げるエクササイズ【ケガ予防】

    【パフォーマンスアップ】肩甲骨可動域を広げるエクササイズ【ケガ予防】

    今回は肩甲骨の可動域を広げるエクササイズを紹介します。 ...

    2016年12月11日

  • シューズの機能を最大限に生かす!靴紐の正しい結び方『ヒールロック』

    シューズの機能を最大限に生かす!靴紐の正しい結び方『ヒールロック』

    今回は運動やランニングをされている方にぜひ知って欲しい『...

    2018年03月25日

  • 『パフォーマンスアップ』下半身との連動が大切!【プッシュジャーク】

    『パフォーマンスアップ』下半身との連動が大切!【プッシュジャーク】

    今回は「プッシュジャーク」の解説をしていきたいと思います...

    2016年08月29日

  • 満足度NO.1体幹トレーニング

    満足度NO.1体幹トレーニング

    このトレーニングで体幹・肩・お尻・胸の4部位を同時に鍛え...

    2015年04月13日

  • キックボクシングとコアワークアウト

    キックボクシングとコアワークアウト

    今回は動画を見ながら一緒にできる、キックボクシングの動き...

    2015年12月07日

  • バランスボール上で対戦トレ

    バランスボール上で対戦トレ

    これまでにも幾つかご紹介していますラグビー世界1位の「オ...

    2015年10月26日

  • 凄すぎて気持ちがスッキリ!超絶パフォーマンス

    凄すぎて気持ちがスッキリ!超絶パフォーマンス

    毎日の練習に疲れている方、トレーニングがマンネリ化してき...

    2016年04月13日

  • 爆発的なパワーを生み出すために必要なこととは?【トレーニングのコツをご紹介】

    爆発的なパワーを生み出すために必要なこととは?【トレーニングのコツをご紹介】

  • ストレッチポールで行う予備運動

    ストレッチポールで行う予備運動

  • 高強度のトレーニング&リハビリの最終段階に!「ロシアンハムストリングス」

    高強度のトレーニング&リハビリの最終段階に!「ロシアンハムストリングス」

  • メディシンボールでコアトレサーキット!バキバキの体幹間違いなし

    メディシンボールでコアトレサーキット!バキバキの体幹間違いなし

  • 世界王者から学ぶ!オールブラックスのウォーミングアップ

    世界王者から学ぶ!オールブラックスのウォーミングアップ

  • 股関節が動きにくい方にオススメ!【1分間横隔膜ストレッチ!】

    股関節が動きにくい方にオススメ!【1分間横隔膜ストレッチ!】

  • 【ウォームアップに行いたい体幹トレーニング】キャタピラー

    【ウォームアップに行いたい体幹トレーニング】キャタピラー

  • 5原則は一般的!トレーニングの3原理知っていますか!? 

    5原則は一般的!トレーニングの3原理知っていますか!? 

  • 引いて!押して!手つなぎ綱引き

    引いて!押して!手つなぎ綱引き

  • ライザップでのトレーニング

    ライザップでのトレーニング

  • 【地面をしっかりと掴む!】足指の力を復活させる、足の甲のセルフストレッチ

    【地面をしっかりと掴む!】足指の力を復活させる、足の甲のセルフストレッチ

  • 【間違って行っていませんか?】 正しいスタビライゼーションとは?

    【間違って行っていませんか?】 正しいスタビライゼーションとは?

  • 【股関節の可動域向上】太ももを高く引き上げるダイナミックストレッチ「レッグクレイドル」

    【股関節の可動域向上】太ももを高く引き上げるダイナミックストレッチ「レッグクレイドル」

  • スクワットで強化できる筋肉

    スクワットで強化できる筋肉

  • 【足が上がらないときに!】腸腰筋をセルフリリース

    【足が上がらないときに!】腸腰筋をセルフリリース

  • 【アメリカ大学フットボール】 昨年優勝したClemsonのトレーニング

    【アメリカ大学フットボール】 昨年優勝したClemsonのトレーニング

Category New/カテゴリー新着情報

トレーニング
  • 【たった3分で追い込める!】最強腹筋トレーニングメニュー
    【たった3分で追い込める!】最強腹筋トレーニングメニュー
    「全方向から鍛えられる計6種類の腹筋サーキット...詳細
  • 【1日3分】室内でできる全身トレーニング(中級編)
    【1日3分】室内でできる全身トレーニング(中級編)
    アスリートが考えた3分『全身トレーニング』 ...詳細
  • 【練習メニュー】下り坂でスピードトレーニング(4種)
    【練習メニュー】下り坂でスピードトレーニング(4種)
    自主練や部活で使えるシリーズ第三弾『下り坂』の...詳細
  • 【練習メニュー】上り坂でスピードトレーニング(6種)
    【練習メニュー】上り坂でスピードトレーニング(6種)
    自主練や部活で使えるシリーズ第二弾『上り坂』の...詳細
陸上競技
  • 【練習メニュー】下り坂でスピードトレーニング(4種)
    【練習メニュー】下り坂でスピードトレーニング(4種)
    自主練や部活で使えるシリーズ第三弾『下り坂』の...詳細
  • 【練習メニュー】上り坂でスピードトレーニング(6種)
    【練習メニュー】上り坂でスピードトレーニング(6種)
    自主練や部活で使えるシリーズ第二弾『上り坂』の...詳細
  • 【恐怖を超えた究極のスタート】コールマンから学ぶスタートの極意
    【恐怖を超えた究極のスタート】コールマンから学ぶスタートの極意
    クリスチャン・コールマン(Christian ...詳細
  • 【長距離ランナー必見!】ランナーにオススメのトレーニング集
    【長距離ランナー必見!】ランナーにオススメのトレーニング集
    オレゴンプロジェクト所属のゲーレン・ラップ選手...詳細
ケガ・ストレッチ
  • 下向肘上げ 改善エクササイズ【フィジカルチェック用】
    下向肘上げ 改善エクササイズ【フィジカルチェック用】
    「フィジカルチェック項目:下向肘上げ」の点数が...詳細
  • 下向胸上げ 改善エクササイズ②【ケガ予防フィジカルチェック用】
    下向胸上げ 改善エクササイズ②【ケガ予防フィジカルチェック用】
    「フィジカルチェック項目:下向胸上げ」の点数が...詳細
  • 下向胸上げ 改善エクササイズ①【フィジカルチェック用】
    下向胸上げ 改善エクササイズ①【フィジカルチェック用】
    「フィジカルチェック項目:下向胸上げ」の点数が...詳細
  • 【梅雨の季節の体調管理】アスリートに必要な知識
    【梅雨の季節の体調管理】アスリートに必要な知識
    蒸し暑く過ごしづらい季節がやってきました。そう...詳細
サッカー
  • エムバぺ(フランス代表)はなぜあんなに速いのか!?[陸上コーチによる解説]
    エムバぺ(フランス代表)はなぜあんなに速いのか!?[陸上コーチによる解説]
    先日4年に1度のワールドカップが行われ、日本代...詳細
  • 【W杯でも活躍!】サッカーイングランド代表が行なった〇〇を使ったトレーニング
    【W杯でも活躍!】サッカーイングランド代表が行なった〇〇を使ったトレーニング
    2018年ワールドカップ盛り上がりましたね! ...詳細
  • 【W杯でも大活躍】レアル・マドリードのトレーニング
    【W杯でも大活躍】レアル・マドリードのトレーニング
    欧州チャンピオンズリーグ3連覇、今回のW杯でも...詳細
  • 【世界トップの瞬発力!】メッシ選手のアジリティトレーニング【間も無くW杯開幕!】
    【世界トップの瞬発力!】メッシ選手のアジリティトレーニング【間も無くW杯開幕!】
    5度のバロンドール受賞、5回のチャンピオンズリ...詳細
栄養・食事
  • 【瞬発的エネルギー!】クレアチン摂取タイミングのポイントと注意点
    【瞬発的エネルギー!】クレアチン摂取タイミングのポイントと注意点
    クレアチンはアミノ酸の一種で、筋肉内のエネルギ...詳細
  • 【骨強化に】身長を伸ばす為に必要な栄養素【Jr世代は特に大切!】
    【骨強化に】身長を伸ばす為に必要な栄養素【Jr世代は特に大切!】
    色々な競技の上で、身長が高いということが有利に...詳細
  • 【金メダリストの朝ご飯にも!?】正月によく食べるお餅の栄養&効能
    【金メダリストの朝ご飯にも!?】正月によく食べるお餅の栄養&効能
    お正月はおせち料理やお雑煮など、お餅を食す機会...詳細
  • 【身体の調子を整える】サプリメントアプローチ「ZMA」
    【身体の調子を整える】サプリメントアプローチ「ZMA」
    普段の食事から摂取するのが難しい栄養素がある場...詳細
野球
  • 【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    ドジャースの前田健太投手が行っている「マエケン...詳細
  • 【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    肩を痛める選手と肘を痛める選手の違い 同...詳細
  • 「投げる」動作中、肩の内部では何が起こっているのか?
    「投げる」動作中、肩の内部では何が起こっているのか?
    野球のみならず人間の一般的な動作に含まれる「投...詳細
  • 【ヤクルトスワローズ】秋季キャンプのトレーニング
    【ヤクルトスワローズ】秋季キャンプのトレーニング
    体力向上をメインとした「サーキットトレーニング...詳細
コラム
  • 箱根駅伝の区間賞の10人中7人が履いていたシューズ!!
    箱根駅伝の区間賞の10人中7人が履いていたシューズ!!
    今回も箱根駅伝大盛り上がりでしたね。 そんな選手達の頑張りを支える、あるアイテムがあったんです。 それは「NIKE Zoom Vaporfly 4% Flyknit」というランニングシューズです。...詳細
  • 【歯のケアしてますか?】スポーツパフォーマンスと「虫歯」の関係性
    【歯のケアしてますか?】スポーツパフォーマンスと「虫歯」の関係性
    毎日の歯磨き。皆さんはしっかりケアしていますか? 今回はスポーツパフォーマンスと「虫歯」の関係性をお伝えしたいと思います。 【歯は再生しない!】  スポーツ選手が筋肉痛やケガをした時に、...詳細
  • 【トレーニングに必須の知識!】最大筋力を高める4つの方法
    【トレーニングに必須の知識!】最大筋力を高める4つの方法
    瞬発系の種目を行っている選手には欠かせない最大筋力を高めるトレーニング。 最大筋力の発揮には、フリーウエイトでのトレーニングを組んでいる選手が多いかと思いますが、その中でも皆さんはどのような方法...詳細
  • 【海外大学が証明!】目標達成率が劇的に上がる、3つの事前準備とは②「行動可能性」
    【海外大学が証明!】目標達成率が劇的に上がる、3つの事前準備とは②「行動可能性」
    目標達成率をあげるMACの法則【前回の続き】について書いていきたいと思います。 前回のおさらい:【MACの法則とは何か?】 MACの法則とは、アイントホーヘン大学がメタ分析によって証明した、目...詳細

Category/カテゴリー

Sponsor/スポンサー

COPYRIGHT (C) SPORTS CROWD All Rights Reserved