• SPORTS CROWD ロゴ
  • - アスリートの練習法や、日々のトレーニング、栄養・医療など専門家の知識を集めた、スポーツの新しい楽しみ方を提供する 【スポーツ横断型WEBメディア】 -

  • スポーツクラウド【スポーツ横断型WEBメディア】
  1. HOME
  2. トレーニング
  3. その他

《運動前の静的ストレッチは本当にいけないのか?》 あまり知られていないアップにおけるストレッチの考え方

  • 投稿者:荒川優元100m選手:スプリントコーチ

《運動前の静的ストレッチは本当にいけないのか?》 あまり知られていないアップにおけるストレッチの考え方
アミノバイタルの新作が登場!?

《運動前の静的ストレッチは本当にいけないのか?》 あまり知られていないアップにおけるストレッチの考え方

「運動前の静的なストレッチはパフォーマンスを低下させる」
聞いたことがある方は多いのではないでしょうか?

「ちゃんとストレッチをしてから練習をしましょう」
という時代から、
「運動前は静的なストレッチではなく、動的なストレッチを行いましょう」
という考え方が一般的になってきました。

この根拠となっているものの一つが、
“60秒以上の静的ストレッチングはパフォーマンスを損なう”
とした研究です(Kayら、2012)。


しかし、ここで気になるのは60秒以内の短い静的ストレッチもパフォーマンスを損なうことにつながるのかどうか、ということです。


【6秒間の静的なストレッチは、筋出力を向上させる!】
これに関して、6秒間と30秒間の静的ストレッチがどう影響するのかを調べた研究が行われました。

その結果はなんと、
「伸張時間が6秒間では関節可動域は拡大しないものの筋出力は向上し,30秒間では関節可動域は拡大したものの筋出力は低下した。」(谷沢ら、2014)
というものでした。

つまり、30秒間じっくり一部分を伸ばすと筋出力が低下しパフォーマンスを下げることにつながるものの、6秒間であればむしろパフォーマンス向上につながるということです。


【運動前には動的なストレッチと短時間の静的ストレッチを組み合わせよう】
この分野ではまだそれほど研究は多くないため、これからも考え方は変わっていくことがあるかもしれません。
ただ、選手からすれば、どうしても動的なストレッチで刺激をかけにくい筋肉や神経系は存在します。

「運動前の静的ストレッチ=パフォーマンスを低下させるから禁止」
と安易に結論付けるのではなく、

・パフォーマンスを狙いたいとき=短い静的なストレッチと動的なストレッチを組み合わせる

・ケガを防ぎたい=30秒以上の静的なストレッチで筋出力を落としてでも可動域を確実に拡大する(その場合は練習での努力度をコントロールしましょう)

このように、目的に応じて静的ストレッチを使い分けていきましょう!

  • 投稿者:荒川優元100m選手:スプリントコーチ

【新着】関連記事

この記事を見た人はこんな記事も見てます。

  • 【5分で追い込める】自重で行うサーキットトレーニング【フランクメドラノ】

    【5分で追い込める】自重で行うサーキットトレーニング【フランクメドラノ】

    冬季のトレーニングでおなじみなサーキットトレーニング。 ...

    2017年11月09日

  • 【冬季トレーニングにオススメ】名門校のトレーニングを参考にしてみよう

    【冬季トレーニングにオススメ】名門校のトレーニングを参考にしてみよう

    今年9秒台を出し勢いに乗っている桐生選手の母校でもある洛...

    2017年12月02日

  • スクワットですっきりヒップ!

    スクワットですっきりヒップ!

    今日はスクワットのご紹介です!スクワットと聞くとつらいイ...

    2015年06月02日

  • 全力でぶちかませ!パワー系トレーニング『ボールスラム』

    全力でぶちかませ!パワー系トレーニング『ボールスラム』

    今回はちょっとしたストレス解消にもなる、パワー系トレーニ...

    2016年07月05日

  • ミニバンド10分間トレーニング!全身フルトレーニング

    ミニバンド10分間トレーニング!全身フルトレーニング

    ミニバンドを使った全身トレーニング!計10分間。 全身...

    2016年06月10日

  • フライングスプリット123ジャンプ

    フライングスプリット123ジャンプ

    フライングスプリットと呼ばれるトレーニングの紹介です。 ...

    2015年08月21日

  • 【ふくらはぎの悩みはお尻にあった⁉】ヒップアダクション

    【ふくらはぎの悩みはお尻にあった⁉】ヒップアダクション

    【ふくらはぎの悩みはお尻にあった⁉】ヒップアダクション ...

    2018年07月11日

  • 【5分で追い込める】自重で行うサーキットトレーニング【フランクメドラノ】

    【5分で追い込める】自重で行うサーキットトレーニング【フランクメドラノ】

  • 長引く疲労やケガはこれが原因かも?骨盤の傾きを治すセルフ・ケア

    長引く疲労やケガはこれが原因かも?骨盤の傾きを治すセルフ・ケア

  • ベストパフォーマンスを発揮する為のウォーミングアップ!【ダイナミックドリル集】

    ベストパフォーマンスを発揮する為のウォーミングアップ!【ダイナミックドリル集】

  • “海外で話題”自重トレ

    “海外で話題”自重トレ

  • 立ち幅跳び世界記録(3m73cm)

    立ち幅跳び世界記録(3m73cm)

  • 自宅で簡単エアロビダンス!

    自宅で簡単エアロビダンス!

  • 【自重トレーニング】目的に応じて使い分けてみよう!【懸垂21種目!】

    【自重トレーニング】目的に応じて使い分けてみよう!【懸垂21種目!】

  • メディシンボール上で腕立て伏せ

    メディシンボール上で腕立て伏せ

  • 片足立ち体幹・初級編

    片足立ち体幹・初級編

  • 【高いジャンプをするには腕振りが重要!】ジャンプ力を引きだす腕振り

    【高いジャンプをするには腕振りが重要!】ジャンプ力を引きだす腕振り

  • 素人でもデキる逆立ち方法

    素人でもデキる逆立ち方法

  • スピード&パワーアップ!NFL選手が行う6つのエクササイズ

    スピード&パワーアップ!NFL選手が行う6つのエクササイズ

  • 筋トレ中の呼吸「バルサルバ法」

    筋トレ中の呼吸「バルサルバ法」

  • まさに鳥人!トップ選手のジャンプ力

    まさに鳥人!トップ選手のジャンプ力

  • 【リオ五輪選手注目選手特集①】 水の怪物、マイケルフェルプス [水泳]

    【リオ五輪選手注目選手特集①】 水の怪物、マイケルフェルプス [水泳]

  • 凄すぎて気持ちがスッキリ!超絶パフォーマンス

    凄すぎて気持ちがスッキリ!超絶パフォーマンス

Category New/カテゴリー新着情報

トレーニング
  • 体幹&肩甲骨の可動域と安定性の向上に!【自重トレーニング10種目】
    体幹&肩甲骨の可動域と安定性の向上に!【自重トレーニング10種目】
    今回は自重で出来る10種目のトレーニングを紹介...詳細
  • 【可動域&柔軟性の向上】身体を覚醒させる!「ダイナミックストレッチ集」
    【可動域&柔軟性の向上】身体を覚醒させる!「ダイナミックストレッチ集」
    日頃からストレッチを行っている方は多いと思いま...詳細
  • 【ピッチを高めるトレーニング】脚はもっと速くなる
    【ピッチを高めるトレーニング】脚はもっと速くなる
    速く走るために重要なピッチですが、様々なピッチ...詳細
  • 【なまった体に!】4分間で追い込むサーキットトレーニング【脂肪燃焼にも◎】
    【なまった体に!】4分間で追い込むサーキットトレーニング【脂肪燃焼にも◎】
    お盆休みで 体がだるくなってスイッチが入らな...詳細
陸上競技
  • 【ピッチを高めるトレーニング】脚はもっと速くなる
    【ピッチを高めるトレーニング】脚はもっと速くなる
    速く走るために重要なピッチですが、様々なピッチ...詳細
  • 【股関節の機能性向上】足を高く上げやすくなる「レッグロワリング」
    【股関節の機能性向上】足を高く上げやすくなる「レッグロワリング」
    走る際のアドバイスとして、太ももを高く上げろ!...詳細
  • 【トップ選手から学ぶ!】100m多田修平選手のトレーニング
    【トップ選手から学ぶ!】100m多田修平選手のトレーニング
    今回は100mで追い風参考ながらも9秒台の記録...詳細
  • 【足が速くなる要素が詰まったマーカーつぶし】スプリントドリル
    【足が速くなる要素が詰まったマーカーつぶし】スプリントドリル
    今回は、足が速くなる要素が詰まったマーカーつぶ...詳細
ケガ・ストレッチ
  • 【休んで強くなる!】アクティブレストの上手な行い方
    【休んで強くなる!】アクティブレストの上手な行い方
    皆さんは休養日の日は何をして過ごしていますか?...詳細
  • 開脚ができるようになるストレッチ【1セット5分程度でOK】
    開脚ができるようになるストレッチ【1セット5分程度でOK】
    今回は「開脚」にポイントをおいたストレッチを紹...詳細
  • 【怪我予防やパフォーマンスアップに!】足首の柔軟性・可動性を出すストレッチ
    【怪我予防やパフォーマンスアップに!】足首の柔軟性・可動性を出すストレッチ
    今回は足首を柔らかくするためのストレッチ方法を...詳細
  • 【股関節の柔軟性を高めるストレッチ3種類】段差を利用する
    【股関節の柔軟性を高めるストレッチ3種類】段差を利用する
    日頃、練習やトレーニングをしていて足が上がりに...詳細
サッカー
  • エムバぺ(フランス代表)はなぜあんなに速いのか!?[陸上コーチによる解説]
    エムバぺ(フランス代表)はなぜあんなに速いのか!?[陸上コーチによる解説]
    先日4年に1度のワールドカップが行われ、日本代...詳細
  • 【W杯でも活躍!】サッカーイングランド代表が行なった〇〇を使ったトレーニング
    【W杯でも活躍!】サッカーイングランド代表が行なった〇〇を使ったトレーニング
    2018年ワールドカップ盛り上がりましたね! ...詳細
  • 【W杯でも大活躍】レアル・マドリードのトレーニング
    【W杯でも大活躍】レアル・マドリードのトレーニング
    欧州チャンピオンズリーグ3連覇、今回のW杯でも...詳細
  • 【世界トップの瞬発力!】メッシ選手のアジリティトレーニング【間も無くW杯開幕!】
    【世界トップの瞬発力!】メッシ選手のアジリティトレーニング【間も無くW杯開幕!】
    5度のバロンドール受賞、5回のチャンピオンズリ...詳細
栄養・食事
  • この暑さで慢性的な水分不足になっていませんか?【だるさや倦怠感が抜けない方へ】
    この暑さで慢性的な水分不足になっていませんか?【だるさや倦怠感が抜けない方へ】
    毎日とにかく暑いですね…… 生きているだけで...詳細
  • 【熱中症予防&疲労回復&夏バテ防止】アスリートには冷やした甘酒がオススメ!
    【熱中症予防&疲労回復&夏バテ防止】アスリートには冷やした甘酒がオススメ!
    猛暑が続いており、身の危険を感じることもある今...詳細
  • 【スプリントパフォーマンスの向上にも!】サプリメントでアプローチ「アルギニン編」
    【スプリントパフォーマンスの向上にも!】サプリメントでアプローチ「アルギニン編」
    最近では安価で手に入る事や手軽に栄養摂取ができ...詳細
  • 【疲労回復&筋肉量アップ】分岐鎖アミノ酸(BCAA)の期待できる効果について
    【疲労回復&筋肉量アップ】分岐鎖アミノ酸(BCAA)の期待できる効果について
    日頃からの疲労などが影響してパワー発揮がしにく...詳細
野球
  • 【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    ドジャースの前田健太投手が行っている「マエケン...詳細
  • 【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    肩を痛める選手と肘を痛める選手の違い 同...詳細
  • 「投げる」動作中、肩の内部では何が起こっているのか?
    「投げる」動作中、肩の内部では何が起こっているのか?
    野球のみならず人間の一般的な動作に含まれる「投...詳細
  • 【ヤクルトスワローズ】秋季キャンプのトレーニング
    【ヤクルトスワローズ】秋季キャンプのトレーニング
    体力向上をメインとした「サーキットトレーニング...詳細
コラム
  • [追加募集中]第2回スプリントクリニック(講義+実技) 「100m10秒台で走るには?スタート&体の使い方編」
    [追加募集中]第2回スプリントクリニック(講義+実技) 「100m10秒台で走るには?スタート&体の使い方編」
    今回も短距離選手にとっての大きなテーマである『100m10秒台』を軸に講演を行います。 前回大好評だった荒川先生は、選手として100m12秒台という平凡な高1時代から一気に10秒5まで記録を伸ばし、...詳細
  • 【昼は暑すぎで危険!】早朝トレーニングをオススメする5つの理由
    【昼は暑すぎで危険!】早朝トレーニングをオススメする5つの理由
    日々様々なタスクに追われ忙しい方も多いとおもいます。 *疲れているから運動ができない。 *時間がないから運動ができない。 *もっと練習時間を確保したい。 *最近の猛暑により昼間に運動ができない...詳細
  • 【成長スピードを加速させる!】アスリートが実践すべき3つの思考
    【成長スピードを加速させる!】アスリートが実践すべき3つの思考
    いくら練習をしても、なかなか上達しない。 スランプに陥っている。 このような悩みを抱えている選手はとても多く、 たいていの場合、そのような選手は日々の練習が「作業」になっています。 し...詳細
  • 【日本選手権】金井大旺選手が日本新記録の13秒36で優勝!
    【日本選手権】金井大旺選手が日本新記録の13秒36で優勝!
    6月24日山口・維新みらいふスタジアムにて行われた陸上日本選手権男子110mH決勝。 福井県スポーツ協会に所属する金井大旺選手が13秒36(+0.7)の日本新記録となるタイムで優勝しました。 ...詳細

Category/カテゴリー

Sponsor/スポンサー

COPYRIGHT (C) SPORTS CROWD All Rights Reserved