• SPORTS CROWD ロゴ
  • - アスリートの練習法や、日々のトレーニング、栄養・医療など専門家の知識を集めた、スポーツの新しい楽しみ方を提供する 【スポーツ横断型WEBメディア】 -

  • スポーツクラウド【スポーツ横断型WEBメディア】
  1. HOME
  2. トレーニング
  3. その他

【コーチ向け】指導者として選手のコンディションをどう正確に評価していくか

  • 投稿者:佐々木優一BOC認定トレーナ

【コーチ向け】指導者として選手のコンディションをどう正確に評価していくか
<スポーツクラウド直営>走りのプライベート指導はコチラ

【コーチ向け】指導者として選手のコンディションをどう正確に評価していくか

マレーシア代表のチームで選手を見ている際に、特に考えなければならないのが
・選手はそれぞれのトレーニングからどよのような疲労を感じるか
・それに応じて、想定していたトレーニングをどうアレンジしていくか
ということです。
このある意味目に見えないものを、これをいかに正確に行うか、そしていかに外部の人間に納得してもらうだけの客観的なものにするかが重要になってきます。
今回は私が行っている方法をご紹介します。


これに対して、自分はトレーニング前に必ずウェルネスチェックをしています。
自己申告なので、自分が選手から信頼されているかどうかわかるいい機会です。
このウェルネスチェックには睡眠時間やその睡眠の質、筋肉痛などが含まれています。


ここで大事になってくるのは、またまた自己申請ではありますがRPE (Rate of Perceived Exhaustion)、つまりどれだけトレーニング後に疲れているのかを主観的に選手から正直に言ってもらう。
ここも選手との信頼が大事になって来ます。
これでトレーニングがどれだけきつかったのかがわかります。

そして、最後に大事になってくるのはTotal Load Volume(合計負荷量)です。
つまりこれはどれだけの量を今のトレーニングセッションでやったかということになります。

例えばバックスクワット、120kgを5レップス、5セットとするとこのエクササイズの合計負荷量は3000(120x5x5)=3tになります。
そして追加で同じ負荷でデッドリフトをすれば合計負荷量は6000になります。
つまり、6tをあげたことになります


ここでは、自体重トレの場合はどうするのか?片足はどうするのか?などなど負荷の基準もエクササイズによっては非常に難しくなります。
なので、しっかりと一貫したルールを決めましょう。
例えば自体重トレーニングの負荷は0にするとか。
これも非常に曖昧ですがデータが集まれば非常に有効な回復・トレーニング進度の指標になります。
なぜなら毎回毎回トレーニング後にいちいち採血や採尿するのは現実的ではありませんからねぇ。
まぁ人員とお金があればやってもいいと思いますが。



さて、ここで集めたデータを自分は一つのスプレッドシートに打ち込んでいきます。
(上の画像を参照)
そして、横にちょっと見えているのがそのデータを元にしグラフです。

週ごとの合計・平均がこのグラフに出るようにするとウェルネスチェック、RPE、合計負荷の関係性が見えて来ます。

例えば今見せている選手は1日に2回自分とトレーニングをしています。
彼のいいところは常に8−9時間の質のいい睡眠といい食事がとれているということです。
なので回復が早い。
一度、一日の合計負荷が18t以上になった時があります。
その時はさすがに両方のセッションのRPEは9と8と高いものになりましたが翌日は筋肉痛もなくけろっとしていました。

そして、もう一つのさらに重要な発見は彼を追い込みたい時にどれだけの合計負荷にすればいいのかがわかったということです。
彼の場合はグラフを見ると一つのセッションで8tを超えた時にこのトレーニングはきついと感じるようです。



さて、これが自分がオリンピック・パラリンピックチームでやっている選手を追い込む時の考え方です。
皆さんはどういう風にされていますか?
今週のセミナーでお話しできるのを楽しみにしています。

お知らせ:
11月27日に都内で自分のワークショップを開催します。
この記事のような内容を詳しくご紹介し、みなさまのパフォーマンスアップに貢献していきたいと思っています。
詳細はスポーツクラウドトップページのピックアップ欄にあるイベントから。
もしくはフェイスブックのイベントよりチェックしてください。

*************************************************************************
筆者:
佐々木優一
 マレーシア オリンピック代表チーム帯同セラピスト
☆MS.,ATC.,LAT., NASM-PES。BOC認定アスレティックトレーナー(ATC)。
 大学院レベルでファンクショナルトレーニングを学んだ唯一の日本人。
 メジャーリーガーなど海外のトップ選手のケアを担当。
 リオ五輪でマレーシアチームから出た銀メダリスト、パラの金メダリストを複数担当(パラはすべて世界記録)
*************************************************************************

  • 投稿者:佐々木優一BOC認定トレーナ

【新着】関連記事

この記事を見た人はこんな記事も見てます。

  • 朝練の効果・注意点

    朝練の効果・注意点

    より練習時間を確保するために、朝練習を行う事は珍しくあり...

    2015年08月05日

  • ベストパフォーマンスを発揮する為のウォーミングアップ!【ダイナミックドリル集】

    ベストパフォーマンスを発揮する為のウォーミングアップ!【ダイナミックドリル集】

    今回は準備運動におすすめである「ウォームアップドリル」に...

    2017年12月24日

  • 腸腰筋を鍛えるための補強エクササイズ【初級編】

    腸腰筋を鍛えるための補強エクササイズ【初級編】

    腸腰筋の簡単な補強&エクササイズの紹介です。走る動作で欠...

    2017年03月02日

  • 全身の瞬発力を鍛え上げよう!【バネ&体幹&連動性】

    全身の瞬発力を鍛え上げよう!【バネ&体幹&連動性】

    今回は全身を使った瞬発系トレーニングをご紹介します。 ...

    2017年04月30日

  • パワーロープトレーニング

    パワーロープトレーニング

    海外では割とメジャーなトレーニング、パワーロープトレーニ...

    2015年07月21日

  • 体幹の安定性が向上!バランスボールで手押し車

    体幹の安定性が向上!バランスボールで手押し車

    バランスボールを使用したトレーニングを紹介します。 2...

    2015年12月04日

  • ストレッチポールの使い方・基本

    ストレッチポールの使い方・基本

    ストレッチポールを購入後、いきなり乗るのではなく、乗る前...

    2015年02月09日

  • 【横隔膜・腹横筋】寝たまま出来る体幹トレーニング【ドローイン】

    【横隔膜・腹横筋】寝たまま出来る体幹トレーニング【ドローイン】

  • 股関節を上手に使えるようにしよう!うつ伏せで行うダイナミックストレッチ!

    股関節を上手に使えるようにしよう!うつ伏せで行うダイナミックストレッチ!

  • 3種類のステップアップ[=スプリントにつなげるための大殿筋トレーニング]

    3種類のステップアップ[=スプリントにつなげるための大殿筋トレーニング]

  • スクワットで強化できる筋肉

    スクワットで強化できる筋肉

  • スタビライゼーションに一工夫

    スタビライゼーションに一工夫

  • 【たった3分で追い込む!】腹筋強化サーキットメニュー

    【たった3分で追い込む!】腹筋強化サーキットメニュー

  • お腹周りの体幹トレーニング!【13種類を紹介】

    お腹周りの体幹トレーニング!【13種類を紹介】

  • 【腸腰筋TABATA】股関節屈筋群を鍛えるタバタ式トレーニング!

    【腸腰筋TABATA】股関節屈筋群を鍛えるタバタ式トレーニング!

  • アメフト選手の身体能力

    アメフト選手の身体能力

  • 【アスリートに人気】さらに股関節付近の連動を身につける!「バックランジ」 その2

    【アスリートに人気】さらに股関節付近の連動を身につける!「バックランジ」 その2

  • 中殿筋の連動をつかめ!フットロッキング

    中殿筋の連動をつかめ!フットロッキング

  • 【Athlete トレーニング】肩甲骨の可動域と連動を高める体操①【菊野克紀】

    【Athlete トレーニング】肩甲骨の可動域と連動を高める体操①【菊野克紀】

  • 【反応速度や体の素速い動きに!】NFL選手も行うアジリティトレーニング

    【反応速度や体の素速い動きに!】NFL選手も行うアジリティトレーニング

  • 筋肥大効果を最大化させるには

    筋肥大効果を最大化させるには

  • 【“全身パワー”の向上に】「クリーン」中の動きを詳しく見てみよう!

    【“全身パワー”の向上に】「クリーン」中の動きを詳しく見てみよう!

  • 【たった3分で追い込める!】最強腹筋トレーニングメニュー

    【たった3分で追い込める!】最強腹筋トレーニングメニュー

Category New/カテゴリー新着情報

トレーニング
  • 【たった3分で追い込める!】最強腹筋トレーニングメニュー
    【たった3分で追い込める!】最強腹筋トレーニングメニュー
    「全方向から鍛えられる計6種類の腹筋サーキット...詳細
  • 【1日3分】室内でできる全身トレーニング(中級編)
    【1日3分】室内でできる全身トレーニング(中級編)
    アスリートが考えた3分『全身トレーニング』 ...詳細
  • 【練習メニュー】下り坂でスピードトレーニング(4種)
    【練習メニュー】下り坂でスピードトレーニング(4種)
    自主練や部活で使えるシリーズ第三弾『下り坂』の...詳細
  • 【練習メニュー】上り坂でスピードトレーニング(6種)
    【練習メニュー】上り坂でスピードトレーニング(6種)
    自主練や部活で使えるシリーズ第二弾『上り坂』の...詳細
陸上競技
  • 【練習メニュー】下り坂でスピードトレーニング(4種)
    【練習メニュー】下り坂でスピードトレーニング(4種)
    自主練や部活で使えるシリーズ第三弾『下り坂』の...詳細
  • 【練習メニュー】上り坂でスピードトレーニング(6種)
    【練習メニュー】上り坂でスピードトレーニング(6種)
    自主練や部活で使えるシリーズ第二弾『上り坂』の...詳細
  • 【恐怖を超えた究極のスタート】コールマンから学ぶスタートの極意
    【恐怖を超えた究極のスタート】コールマンから学ぶスタートの極意
    クリスチャン・コールマン(Christian ...詳細
  • 【長距離ランナー必見!】ランナーにオススメのトレーニング集
    【長距離ランナー必見!】ランナーにオススメのトレーニング集
    オレゴンプロジェクト所属のゲーレン・ラップ選手...詳細
ケガ・ストレッチ
  • 下向肘上げ 改善エクササイズ【フィジカルチェック用】
    下向肘上げ 改善エクササイズ【フィジカルチェック用】
    「フィジカルチェック項目:下向肘上げ」の点数が...詳細
  • 下向胸上げ 改善エクササイズ②【ケガ予防フィジカルチェック用】
    下向胸上げ 改善エクササイズ②【ケガ予防フィジカルチェック用】
    「フィジカルチェック項目:下向胸上げ」の点数が...詳細
  • 下向胸上げ 改善エクササイズ①【フィジカルチェック用】
    下向胸上げ 改善エクササイズ①【フィジカルチェック用】
    「フィジカルチェック項目:下向胸上げ」の点数が...詳細
  • 【梅雨の季節の体調管理】アスリートに必要な知識
    【梅雨の季節の体調管理】アスリートに必要な知識
    蒸し暑く過ごしづらい季節がやってきました。そう...詳細
サッカー
  • エムバぺ(フランス代表)はなぜあんなに速いのか!?[陸上コーチによる解説]
    エムバぺ(フランス代表)はなぜあんなに速いのか!?[陸上コーチによる解説]
    先日4年に1度のワールドカップが行われ、日本代...詳細
  • 【W杯でも活躍!】サッカーイングランド代表が行なった〇〇を使ったトレーニング
    【W杯でも活躍!】サッカーイングランド代表が行なった〇〇を使ったトレーニング
    2018年ワールドカップ盛り上がりましたね! ...詳細
  • 【W杯でも大活躍】レアル・マドリードのトレーニング
    【W杯でも大活躍】レアル・マドリードのトレーニング
    欧州チャンピオンズリーグ3連覇、今回のW杯でも...詳細
  • 【世界トップの瞬発力!】メッシ選手のアジリティトレーニング【間も無くW杯開幕!】
    【世界トップの瞬発力!】メッシ選手のアジリティトレーニング【間も無くW杯開幕!】
    5度のバロンドール受賞、5回のチャンピオンズリ...詳細
栄養・食事
  • 【瞬発的エネルギー!】クレアチン摂取タイミングのポイントと注意点
    【瞬発的エネルギー!】クレアチン摂取タイミングのポイントと注意点
    クレアチンはアミノ酸の一種で、筋肉内のエネルギ...詳細
  • 【骨強化に】身長を伸ばす為に必要な栄養素【Jr世代は特に大切!】
    【骨強化に】身長を伸ばす為に必要な栄養素【Jr世代は特に大切!】
    色々な競技の上で、身長が高いということが有利に...詳細
  • 【金メダリストの朝ご飯にも!?】正月によく食べるお餅の栄養&効能
    【金メダリストの朝ご飯にも!?】正月によく食べるお餅の栄養&効能
    お正月はおせち料理やお雑煮など、お餅を食す機会...詳細
  • 【身体の調子を整える】サプリメントアプローチ「ZMA」
    【身体の調子を整える】サプリメントアプローチ「ZMA」
    普段の食事から摂取するのが難しい栄養素がある場...詳細
野球
  • 【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    ドジャースの前田健太投手が行っている「マエケン...詳細
  • 【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    肩を痛める選手と肘を痛める選手の違い 同...詳細
  • 「投げる」動作中、肩の内部では何が起こっているのか?
    「投げる」動作中、肩の内部では何が起こっているのか?
    野球のみならず人間の一般的な動作に含まれる「投...詳細
  • 【ヤクルトスワローズ】秋季キャンプのトレーニング
    【ヤクルトスワローズ】秋季キャンプのトレーニング
    体力向上をメインとした「サーキットトレーニング...詳細
コラム
  • 箱根駅伝の区間賞の10人中7人が履いていたシューズ!!
    箱根駅伝の区間賞の10人中7人が履いていたシューズ!!
    今回も箱根駅伝大盛り上がりでしたね。 そんな選手達の頑張りを支える、あるアイテムがあったんです。 それは「NIKE Zoom Vaporfly 4% Flyknit」というランニングシューズです。...詳細
  • 【歯のケアしてますか?】スポーツパフォーマンスと「虫歯」の関係性
    【歯のケアしてますか?】スポーツパフォーマンスと「虫歯」の関係性
    毎日の歯磨き。皆さんはしっかりケアしていますか? 今回はスポーツパフォーマンスと「虫歯」の関係性をお伝えしたいと思います。 【歯は再生しない!】  スポーツ選手が筋肉痛やケガをした時に、...詳細
  • 【トレーニングに必須の知識!】最大筋力を高める4つの方法
    【トレーニングに必須の知識!】最大筋力を高める4つの方法
    瞬発系の種目を行っている選手には欠かせない最大筋力を高めるトレーニング。 最大筋力の発揮には、フリーウエイトでのトレーニングを組んでいる選手が多いかと思いますが、その中でも皆さんはどのような方法...詳細
  • 【海外大学が証明!】目標達成率が劇的に上がる、3つの事前準備とは②「行動可能性」
    【海外大学が証明!】目標達成率が劇的に上がる、3つの事前準備とは②「行動可能性」
    目標達成率をあげるMACの法則【前回の続き】について書いていきたいと思います。 前回のおさらい:【MACの法則とは何か?】 MACの法則とは、アイントホーヘン大学がメタ分析によって証明した、目...詳細

Category/カテゴリー

Sponsor/スポンサー

COPYRIGHT (C) SPORTS CROWD All Rights Reserved