• SPORTS CROWD ロゴ
  • - アスリートの練習法や、日々のトレーニング、栄養・医療など専門家の知識を集めた、スポーツの新しい楽しみ方を提供する 【スポーツ横断型WEBメディア】 -

  • スポーツクラウド【スポーツ横断型WEBメディア】
  1. HOME
  2. 知識
  3. ケガ

【運動時に気をつけたい】足がつる3つの原因

  • 投稿者:田辺拡也スポーツトレーナー

【運動時に気をつけたい】足がつる3つの原因
【9・29開催】第3回スプリントクリニック募集開始!

【運動時に気をつけたい】足がつる3つの原因

運動をしている最中に足がつってしまった経験はありませんか?
一番多い箇所は「ふくらはぎ」です。ふくらはぎが頻繁につる現象を「こむら返り」と呼びます。
足がつるということは、身体からの危険サインであり、肉離れなどのケガにもつながります。また、試合中につってしまうとパフォーマンスは一気に低下してしまいます。
つってしまうのには以下の原因が考えられます。

【1.筋肉疲労】
筋肉を酷使し続けると、身体と同じで筋肉も疲労します。筋肉が極度の疲労状態になると、神経が反乱を起こします。極度の疲労の中でも、パフォーマンスを発揮しようとすると神経が乱れ反射としてつることがあります。。

【2.ミネラル不足】
これからの季節では、特に注意しなければなりません。夏場に足をつっている選手の姿を良くみかけます。これは、発汗によってミネラルが身体から抜けてしまうと、身体の機能が異常を起こし、つります。脱水症状の可能性も高いので気を付けましょう。

【3.血行不良】
身体が冷えていたり血行が悪かったりすると筋肉は収縮します。その状態でいきなり運動をすると筋肉が対応できずに足がつります。寝ている時に足がつってしまうのは血行不良が一番の原因です。

これら3つの要因は、それぞれが関連しています。
例えば、試合中に足がつってしまう際に多いのはこんなケースです。
気温も湿度も高く発汗量が多い日に水分摂取が足りていない状態。暑いからウォーミングアップは軽めに行ったとします。その状態で、試合に出場し、高いパフォーマンスを発揮しようとした時に筋肉が反応できずにつることがあります。
また、連戦やタイトな練習を続けて筋肉疲労が溜まっている状態で試合に出場しても同じことが想定されます。3つの要因が関連していることが分かります。

これから夏本番が始まります。
知らず知らずのうちにミネラルが身体から抜けたり、身体が十分に温まっていない状態で運動することで筋肉が対応できない可能性が高まります。
注意していきましょう!

  • 投稿者:田辺拡也スポーツトレーナー

【新着】関連記事

この記事を見た人はこんな記事も見てます。

  • ケガに有効な食べ物

    ケガに有効な食べ物

    ・コラーゲン 捻挫、靭帯損傷、肉離れなど、ケガをした時...

    2015年02月15日

  • 【ローテーターカフストレッチ】肩甲骨周囲の柔軟性を高めよう【肩こりにも◎】

    【ローテーターカフストレッチ】肩甲骨周囲の柔軟性を高めよう【肩こりにも◎】

    肩甲骨の柔軟性を高めるストレッチ「ローテーターカフストレ...

    2017年01月21日

  • これだけで解決!?ストレートネックの解決法パート1

    これだけで解決!?ストレートネックの解決法パート1

    前回はストレートネックのセルフチェックを見ていきました。...

    2015年11月27日

  • 肩こり解消ストレッチ

    肩こり解消ストレッチ

    今回は背中から肩こりを解消するストレッチです。背中全体も...

    2015年07月31日

  • 【テーピング】お尻をサポート!中臀筋のテーピング

    【テーピング】お尻をサポート!中臀筋のテーピング

    18時の投稿では、中臀筋の役割を解説してくれました! ...

    2016年07月22日

  • ボールを使ったセルフマッサージ

    ボールを使ったセルフマッサージ

    ボールを使ったセルフマッサージをご紹介します! ボール...

    2015年02月24日

  • 【今必要な知識】車中泊時のエコノミー症候群を防ぐ

    【今必要な知識】車中泊時のエコノミー症候群を防ぐ

    熊本・九州の皆様へ 今回の震災におきまして被災された皆...

    2016年04月18日

  • テーピング 膝裏の違和感

    テーピング 膝裏の違和感

  • 太ももバランスストレッチ

    太ももバランスストレッチ

  • 【肩甲骨をグイグイ動かす】セルフで出来る肩甲骨可動域向上エクササイズ!

    【肩甲骨をグイグイ動かす】セルフで出来る肩甲骨可動域向上エクササイズ!

  • 【骨盤周辺を上手に使うことができない人は「下位交差性症候群」かも?】

    【骨盤周辺を上手に使うことができない人は「下位交差性症候群」かも?】

  • 仮眠の質を高める方法

    仮眠の質を高める方法

  • 【腰痛対策】寝る姿勢で障害を予防!

    【腰痛対策】寝る姿勢で障害を予防!

  • 【ウォーミングアップにオススメ】その場で行える!21種目の動的ストレッチ

    【ウォーミングアップにオススメ】その場で行える!21種目の動的ストレッチ

  • ストレッチポールで脛ケア

    ストレッチポールで脛ケア

  • 長友選手も実践!上半身をほぐす「上半身ヨガ」

    長友選手も実践!上半身をほぐす「上半身ヨガ」

  • 光線過敏症(湿布かぶれ)

    光線過敏症(湿布かぶれ)

  • お尻(大臀筋・梨状筋)のストレッチ①

    お尻(大臀筋・梨状筋)のストレッチ①

  • ペアストレッチ大腿四頭筋

    ペアストレッチ大腿四頭筋

  • 股関節を柔軟にしよう!太もも内側(内転筋)のストレッチ

    股関節を柔軟にしよう!太もも内側(内転筋)のストレッチ

  • 慢性的な怪我にアプローチ【なかなか治らない症状への対処法】

    慢性的な怪我にアプローチ【なかなか治らない症状への対処法】

  • お尻歩きで腰痛予防+くびれ

    お尻歩きで腰痛予防+くびれ

  • 背中と肩のストレッチ

    背中と肩のストレッチ

Category New/カテゴリー新着情報

トレーニング
  • 【下半身の瞬発力を高める】ハング・パワー・スナッチ
    【下半身の瞬発力を高める】ハング・パワー・スナッチ
    ジャンプ力・スプリント力を高めるハング・パワー...詳細
  • 【トップ選手から学ぶ】福島千里選手が行うスピードトレーニング10種目
    【トップ選手から学ぶ】福島千里選手が行うスピードトレーニング10種目
    今回は、100m、200mの日本記録保持者で、...詳細
  • ワニウォークで股関節と肩甲骨の連動性を高めよう!【ウォーミングアップにおすすめ!】
    ワニウォークで股関節と肩甲骨の連動性を高めよう!【ウォーミングアップにおすすめ!】
    今回は股関節と肩甲骨の柔軟性を高め、全身の連動...詳細
  • 【走る前にやっておきたいジャンプトレーニング】瞬発力を高める
    【走る前にやっておきたいジャンプトレーニング】瞬発力を高める
    競技パフォーマンスを高めるため「瞬発力」は、と...詳細
陸上競技
  • 【トップ選手から学ぶ】福島千里選手が行うスピードトレーニング10種目
    【トップ選手から学ぶ】福島千里選手が行うスピードトレーニング10種目
    今回は、100m、200mの日本記録保持者で、...詳細
  • 【走る前にやっておきたいジャンプトレーニング】瞬発力を高める
    【走る前にやっておきたいジャンプトレーニング】瞬発力を高める
    競技パフォーマンスを高めるため「瞬発力」は、と...詳細
  • 【ミニハードルを使ったスピードトレーニング】スピード強化
    【ミニハードルを使ったスピードトレーニング】スピード強化
    今回は、ミニハードルを使ったスピードトレーニン...詳細
  • 【スピードを高めるためのトレーニング】バック・ステップ・ボックス・ランジ
    【スピードを高めるためのトレーニング】バック・ステップ・ボックス・ランジ
    今回、スピードを高めるためのバック・ステップ・...詳細
ケガ・ストレッチ
  • 肩甲骨がグイグイ動く!【3種目の肩甲骨エクササイズ】
    肩甲骨がグイグイ動く!【3種目の肩甲骨エクササイズ】
    今回は肩の可動域を向上し、パフォーマンスアップ...詳細
  • 【運動前のストレッチがNGは本当?】 ウォーミングアップにおけるストレッチの考え方
    【運動前のストレッチがNGは本当?】 ウォーミングアップにおけるストレッチの考え方
    「運動前の静的なストレッチはパフォーマンスを低...詳細
  • 【足の疲労抜きにも◎】安定性、パフォーマンスを向上させる10種目の足裏エクササイズ
    【足の疲労抜きにも◎】安定性、パフォーマンスを向上させる10種目の足裏エクササイズ
    昨日に引き続き足部のエクササイズの紹介です。 ...詳細
  • 【21種目の動的ストレッチ】目的に応じて使い分けよう!【ウォーミングアップ】
    【21種目の動的ストレッチ】目的に応じて使い分けよう!【ウォーミングアップ】
    その場で行える21種目のダイナミックストレッチ...詳細
サッカー
  • エムバぺ(フランス代表)はなぜあんなに速いのか!?[陸上コーチによる解説]
    エムバぺ(フランス代表)はなぜあんなに速いのか!?[陸上コーチによる解説]
    先日4年に1度のワールドカップが行われ、日本代...詳細
  • 【W杯でも活躍!】サッカーイングランド代表が行なった〇〇を使ったトレーニング
    【W杯でも活躍!】サッカーイングランド代表が行なった〇〇を使ったトレーニング
    2018年ワールドカップ盛り上がりましたね! ...詳細
  • 【W杯でも大活躍】レアル・マドリードのトレーニング
    【W杯でも大活躍】レアル・マドリードのトレーニング
    欧州チャンピオンズリーグ3連覇、今回のW杯でも...詳細
  • 【世界トップの瞬発力!】メッシ選手のアジリティトレーニング【間も無くW杯開幕!】
    【世界トップの瞬発力!】メッシ選手のアジリティトレーニング【間も無くW杯開幕!】
    5度のバロンドール受賞、5回のチャンピオンズリ...詳細
栄養・食事
  • 【夏の疲労回復におすすめ!】とうもろこしを食べることによる栄養効果について
    【夏の疲労回復におすすめ!】とうもろこしを食べることによる栄養効果について
    夏を感じさせる食材にとうもろこしがありますよね...詳細
  • 栄養面から怪我にアプローチ!【疲労骨折の予防&対策に!】
    栄養面から怪我にアプローチ!【疲労骨折の予防&対策に!】
    今回は栄養面から怪我に対するアプローチする方法...詳細
  • 【運動時の集中力を高めたい方へ】分岐鎖アミノ酸(BCAA)の期待できる効果について②
    【運動時の集中力を高めたい方へ】分岐鎖アミノ酸(BCAA)の期待できる効果について②
    日頃からの疲労などが影響してパワー発揮がしにく...詳細
  • この暑さで慢性的な水分不足になっていませんか?【だるさや倦怠感が抜けない方へ】
    この暑さで慢性的な水分不足になっていませんか?【だるさや倦怠感が抜けない方へ】
    毎日とにかく暑いですね…… 生きているだけで...詳細
野球
  • 【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    ドジャースの前田健太投手が行っている「マエケン...詳細
  • 【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    肩を痛める選手と肘を痛める選手の違い 同...詳細
  • 「投げる」動作中、肩の内部では何が起こっているのか?
    「投げる」動作中、肩の内部では何が起こっているのか?
    野球のみならず人間の一般的な動作に含まれる「投...詳細
  • 【ヤクルトスワローズ】秋季キャンプのトレーニング
    【ヤクルトスワローズ】秋季キャンプのトレーニング
    体力向上をメインとした「サーキットトレーニング...詳細
コラム
  • 「スポーツ心臓」のメリットとデメリット【激しい練習を行うアスリートに】
    「スポーツ心臓」のメリットとデメリット【激しい練習を行うアスリートに】
    『スポーツ心臓』という言葉をご存じでしょうか。アスリートならば一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。 スポーツ心臓は、スポーツ選手に見られる症状で心臓が激しい運動に適応して肥大した状態の...詳細
  • ぐっすり眠るための睡眠のコツ!【睡眠前に〇〇をする】
    ぐっすり眠るための睡眠のコツ!【睡眠前に〇〇をする】
    選手の皆さん、試合で最高のパフォーマンスを発揮するには、「最高の準備」が欠かせませんよね。 皆さんは、試合前の準備で何を行っていますか? きっとそれぞれ、試合への臨み方を確立していることと思います...詳細
  • [追加募集中]第2回スプリントクリニック(講義+実技) 「100m10秒台で走るには?スタート&体の使い方編」
    [追加募集中]第2回スプリントクリニック(講義+実技) 「100m10秒台で走るには?スタート&体の使い方編」
    今回も短距離選手にとっての大きなテーマである『100m10秒台』を軸に講演を行います。 前回大好評だった荒川先生は、選手として100m12秒台という平凡な高1時代から一気に10秒5まで記録を伸ばし、...詳細
  • 【昼は暑すぎで危険!】早朝トレーニングをオススメする5つの理由
    【昼は暑すぎで危険!】早朝トレーニングをオススメする5つの理由
    日々様々なタスクに追われ忙しい方も多いとおもいます。 *疲れているから運動ができない。 *時間がないから運動ができない。 *もっと練習時間を確保したい。 *最近の猛暑により昼間に運動ができない...詳細

Category/カテゴリー

Sponsor/スポンサー

COPYRIGHT (C) SPORTS CROWD All Rights Reserved